雑誌詳細:法学セミナー  2018年11月号

2018年11月号 通巻 766号

  • 紙の書籍
毎月12日発売
[特集1]
諫早湾干拓紛争の諸問題
ーー法学と政治学からの分析
定価:税込 1,512円(本体価格 1,400円)
在庫あり
発刊年月
2018.10
雑誌コード
08069
判型
B5判
ページ数
136ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

諫早湾干拓訴訟は、問題が複雑化し、長期化し、法が用意する紛争解決ツールの限界が見えるなか、分野横断的にこの問題に挑戦する。

[特集]
諫早湾干拓紛争の諸問題
ーー法学と政治学からの分析

関連資料 
諌早湾干拓紛争は、なぜ今まで続いているのか……樫澤秀木  

開門賛成派弁護団インタビュー……樫澤秀木・宮澤俊昭・児玉 弘 
ーー馬奈木昭雄、堀良一弁護士に聞く

開門反対派弁護団インタビュー……西川佳代・宮澤俊昭・樫澤秀木・児玉 弘 
ーー山下俊夫、西村広平弁護士に聞く

民事裁判による紛争解決とその限界……岡庭幹司 

諫早湾干拓紛争からみる紛争処理システムとしての司法制度の意義と限界……加藤雅俊 
ーー政治学の立場から

紛争をめぐる政治部門と裁判所……御幸聖樹 

大規模公共事業をめぐる行政過程と行政訴訟・民事訴訟……児玉 弘 

諫早湾干拓紛争をめぐる裁判における因果関係判断の検討……宮澤俊昭 
ーー民事裁判の当事者としての国の位置付けを視野に入れて

民事紛争処理手続からみた諫早湾干拓紛争……西川佳代 


[法学者の本棚]
法「詩」学のスヽメ……松尾知子 扉
ハインリヒ・ハイネ『歌の本(上)・(下)』

[ロー・ジャーナル]
「働き方改革」で過労死対策を求める「司法の良心」を示す宣言……川岸卓哉 
ーー求められる過労事故対策と勤務間インターバルの規制化

[ロー・アングル]
プロスポーツとドーピング規制……加藤志郎 
ーーMLBの規制の歴史とオリンピック

裁判所は人生劇場 20……北尾トロ
ふたつの涙の間を歩け


[ロー・クラス]
統治機構論探訪 19……赤坂幸一 
最高裁判例の形成過程(2)

債権法講義[各論] 28……河上正二 
使用貸借

現代刑法の理論と実務ーー総論 8……松宮孝明 
過失と「客観的帰属」

応用刑法2ーー各論 6……大塚裕史 
窃盗罪における主観的要件(2)ーー不法領得の意思の認定方法(その1)

伝聞法則に強くなる 8……後藤 昭 
被告人の公判外供述


[最新判例演習室]
憲法/濱口晶子 
県立公園の追悼碑設置と憲法21条
[前橋地判平30・2・14 LEX/DB文献番号25549502]

行政法/人見 剛 
君が代斉唱に関する職務命令違反を理由とする再任用等の拒否が国家賠償法上違法ではないとされた事例
[最一判平30・7・19 LEX/DB文献番号25449587]

民法/松尾 弘 
マンション管理組合の理事会決議によって理事長を解職することが認められた例
[最一判平29・12・18 民集71巻10号2546頁]

商法/土岐孝宏 
保険契約における暴力団排除条項の趣旨
[広島高裁岡山支部判平30・3・22 金判1546号33頁]

民事訴訟法/上田竹志 
和解勧告決定による社会紛争解決
[横浜地川崎支決平30・2・8 判時2369号12頁]

刑法/門田成人 
正当防衛における侵害の「急迫性」の判断方法
[前橋地判平29・9・6 LLI/DB文献番号L07250773]

刑事訴訟法/高倉新喜 
第一審の有罪判決を事実誤認で破棄した控訴審判決の当否
[最二小判平30・7・13 裁時1704号8頁]

労働法/根本 到 
路線バス運転手の「待機時間」の労働時間性
南海バス事件
[大阪高判平29・9・26 労経速2351号3頁]


[ライブラリー]
新刊ガイド

[ロー・フォーラム]
裁判と争点 
立法の話題 
最新立法インフォメーション 

[コラム]
司法書士の生活と意見 
弁護士事件ファイル 
判事補メモ 

法学セミナー2018年12月号(2018年11月12日発売)
予価本体1400円+税

特集=法制度から見る福祉サービスの質の向上
   ーー支える人々を支えるために

他者の生存権を守り支える存在である福祉労働者が、厳しい労働環境にあり、彼ら自身も支えを必要としている現状がある。特に介護従事者を中心に、劣悪な待遇を招く構造的な原因を法の目線から検討する。

支える人々の処遇改善……中野麻美
支える人々の多様化ーー外国人の受け入れを巡って……平井辰也
感情労働における労働者の安全と健康確保……水谷英夫
施設経営の側からみた介護人材の労働環境や人材育成……田島誠一
社会福祉士の資格成立の歴史……高橋康史
介護人材不足と介護保障をめぐる現状と課題……原田啓一郎