雑誌詳細:経済セミナー  2018年6・7月号

2018年6・7月号 通巻 702号

  • 紙の書籍
奇数月27日発売
[特集1]
賃金の決まり方を経済学で考える
定価:税込 1,490円(本体価格 1,380円)
在庫あり
発刊年月
2018.05
雑誌コード
03545
判型
B5判
ページ数
122ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

賃金をめぐる問題が近年注目を集めている。そもそも賃金とはどのようにして決まるのか。経済学での賃金の分析方法を解説する。

「人手不足なのに賃金が上がらない」「同一労働でも正規雇用者と非正規雇用者での賃金に差がある」など、賃金をめぐる問題が近年注目を集めている。そもそも賃金とはどのようにして決まるのか。経済学での扱い方を解説することからはじめ、現実との相違点などを明らかにしていく。

特集=賃金の決まり方を経済学で考える

【対談】産業構造の変化・グローバル化と賃金の動向……清田耕造×近藤絢子

●人的資本と賃金の決まり方……横山泉
●非正規雇用と賃金……鶴光太郎
●男女間の賃金格差はなぜ生まれるのか……臼井恵美子
●「どこで働くのか」が賃金を決める……近藤恵介
●情報通信技術や人工知能で賃金・雇用はどう変わるか……久米功一

|トピックス|
●トピックス1
◇人事データ活用で考える働き方改革——働き方改革(1)……大湾秀雄
◇長時間労働とココロの経済学——働き方改革(2)A……黒田祥子
◇長時間労働をしがちな人——働き方改革(3)B……大竹文雄

●トピックス2
◇うなぎの未来……山下東子

|連載|
◇【インタビュー】この人を訪ねてvol.8……中嶋亮さん「2018年日本経済学会・石川賞受賞」

◇流通経済論 経済の暗黒大陸に光をあてる vol.2……野口智雄
流通の進化と逆説

◇長期的関係の理論を学ぶ 新・繰り返しゲームの世界 vol.2……関口格
長期的関係を「厚く」する:多市場接触問題

◇ベイズ計量経済学へのいざない vol.2……大森裕浩・渡部敏明
役に立つモデルとは

◇指数理論への招待 vol.5……阿部修人
ディーワートの最良指数(Superlative Index)

◇学会・研究会レビュー vol.24……齊藤誠・中川雅之
公開シンポジウム「『首都圏の老い』にどう向き合うのか?」を実施して

◇海外論文SURVEY vol.76……今泉允聡
統計・学習手法の「性能評価」再考

◇学会・研究会案内 COMING SOON

|書評|
『プロフェッショナル労働市場』ミネルヴァ書房
西村健/著 評者:永野仁

『現代貨幣論』晃洋書房
金子邦彦/著 評者:竹田陽介

新刊書紹介
ECONO FORUM