雑誌詳細:こころの科学  2024年7月号

2024年7月号 通巻 236号

  • 紙の書籍
偶数月17日発売
[特別企画]
「親なき後」に悩むとき
辻本哲士/編
定価:税込 1,496円(本体価格 1,360円)
在庫あり
発刊年月
2024.06
ISBN
978-4-535-14136-0
雑誌コード
63957
判型
B5判
ページ数
120ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

障害を抱えた人、ひきこもりの人などが親と共に生きていることは多いが、親なき後の不安は尽きない。将来を見据えた支援を考える。


■巻頭に 賛否両論の病気……宮岡 等
______________________________

■特別企画 「親なき後」に悩むとき     
辻本哲士=編(滋賀県立精神保健福祉センター所長)
______________________________

●総論
「親なき後」を支える——願い、悲嘆、そして希望……二宮貴至

精神障害のある子どもと暮らす家族への支援……佐藤 純

「親なき後」を支える社会福祉制度……二本柳覚


●さまざまな支援の現場から
障害者支援の現場から……日詰正文

知的障害者更生相談所の現場から
——知的障害者家族の「親なき後」の不安を支える……加藤基至

精神疾患のある子をもつ認知症高齢者の支援から……井藤佳恵

医療やケアの枠組みを整えながら
「親なき後」を世帯の課題として考える……星野大和

「親なき後」を支える法制度とその活用——弁護士の立場から
  ……松尾洋輔

生活困窮者支援の現場から——断らない相談支援
  ……武藤清哉


●当事者・家族の経験から
「親なき後」も、親の思い通りにしたい
——親の本音と障害当事者による抵抗……桐原尚之

「親なき後」を支えるかかわりとつながり
——精神障害当事者のきょうだいとして……横山朋子

知的障害のある子どもへの思いと備え——親の立場から
  ……久保厚子

「ひきこもり」の困難と、小さな居場所……竹浦秀忠

ひきこもり当事者の家族が今、できること
——「親なき後」を見据えて……池上正樹

______________________________

■特別対談
なにがトラウマを癒すのか——釘抜地蔵と癒しの文化
  ……加藤廣隆・青木省三


■エッセイ
社会復帰調整官としての私の経験
——医療観察法に関与してからの約20年を振り返る……垣内佐智子


■連載
みえているけど“気づかないこと”——ナラティヴの向こう側(6)
  他者の力を信じるということ……山本智子

ケアを支える言葉と対話——こころを診る、そのまえに(4)
  ケアの場所にある権威勾配に気づく……大石 智

こころとキャリアの羅針盤——働く人と職場を支える(7)
  マネジメントコンサルテーションの実際……松本桂樹

性暴力とわたしたち——未来を生きるレジリエンス(3)
  性暴力被害と心身への影響……新井陽子

アタッチメントを学ぼう——関係性の理解と支援(11)
  アタッチメント理論と心理療法……北川 恵

****************************************

■ほんとの対話
野田正人、相澤 仁、岩田美香他 編著『子どもたちが望む「家庭的支援」』
  ……上村千尋

大阪府臨床心理士会医療保健部会 編
『養成課程では学べなかった心理職の仕事』
  ……野村れいか


■こころの現場から
ティーンボイスプロジェクト(子どもアドボカシー)……山口有紗
家族のライフサイクル(私設心理相談)……今井たよか


■伝言板

こころの科学 237号(2024年9月号)

特集=病気未満のアディクション

佐久間寛之/編(さいがた医療センター院長・精神科医)
生きるための適応的な方策となりうる一方、自己破壊につながることもある依存・嗜癖。健常さとの境界線を臨床の現場から考える。

●2024年8月17日発売予定/予価1,496円