書籍詳細:法廷における現実の構築

法廷における現実の構築 物語としての裁判

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 3,960円(本体価格 3,600円)
在庫僅少
発刊年月
2007.01
ISBN
978-4-535-51503-1
判型
A5判
ページ数
272ページ
Cコード
C3032
ジャンル

内容紹介

法律の素人が専門家とともに裁判に参加し、判断を行うことを可能にするものは何か。物語論から裁判過程を検証する初めての試み。

目次

<第1部 日常的過程としての裁判

第1章 法廷における物語

第2章 公式の法手続きと暗黙の判断行為

第2部 物語構築と社会的判断の理論

第3章 物語と法的判断の構築

第4章 真理と社会的判断の構造

第3部 法的判断の基礎を構築する

第5章 法廷における事案構築の諸戦略

第6章 事案構築における修辞戦略

第4部 刑事裁判の理論への含意

第7章 刑事裁判の理論へ向けて

第8章 司法過程における偏見