書籍詳細:数学文化第14号

シリーズ:数学文化

数学文化第14号

の画像の画像
  • 日本数学協会
  • 紙の書籍
定価:税込 1,650円(本体価格 1,500円)
在庫なし
発刊年月
2010.07
ISBN
978-4-535-60244-1
判型
B5判
ページ数
116ページ
Cコード
C3041
ジャンル

内容紹介

日本人数学者として初めて世界レベルの業績を挙げた高木貞治の足跡を見つめ直す特集。また算数・数学教育の興味深い話題も満載。

目次

特集=高木貞治歿後50周年

 高木貞治の青春――京都・東京/本田欣哉

 整数の世界ーーフェルマーから高木まで/森田康夫



数学文化公開座談会

 数学のどこでつまずくか/新井紀子・野崎昭弘・亀井哲治郎



教師のための算数・数学教育講座

 面積とは何か/上野健爾

 面積をどう教えるか/有田八州穂



数学月間のページ

 空間を味わい、形を造る/手嶋吉法



中国の数学教育事情

 中国における数学の学習指導内容について/趙雪梅



巻頭言

 高等教育の意義/黒木哲徳



エッセイ/砂田利一・藤井將男・秋山久義・則松直樹



BOOKS/小川束・菅原邦雄・逸見由起子・瀬山士郎



パズル/長谷川浩・坂井公・逸見由紀子・有岡安治