書籍詳細:浮世絵に映える囲碁文化

浮世絵に映える囲碁文化

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,980円(本体価格 1,800円)
在庫僅少
発刊年月
2012.10
ISBN
978-4-535-58640-6
判型
四六判
ページ数
280ページ
Cコード
C1070
ジャンル

内容紹介

浮世絵に囲碁を打つ情景が数多く登場する。それほどに多くの人に愛好されていた囲碁。2つの伝統文化がここに見事に融和している。

目次

■第一部 囲碁の起源と歴史



第一章 囲碁の起源と伝来ルート

  一 黒潮が運んだ西域の遊技

  二 囲碁の発祥と仙人伝説

第二章 詠まれた囲碁と描かれた「琴棋書画」

第三章 吉備真備時代の日中朝廷と囲碁



■第二部 浮世絵と囲碁文化



第一章 浮世絵の歴史と発展

第二章 平安の女流作家と江戸の”源氏絵”

第三章 源平から鎌倉時代を活写

  一 曽我兄弟の仇討ち

  二 八幡太郎義家

  三 源頼光と土蜘蛛退治

  四 義経に尽した佐藤忠信

第四章 時代を映す浮世絵と歌舞伎

  一 『碁太平記白石噺』

  二 『祇園祭礼信仰記』

  三 小栗判官と碁盤人形

  四 『通俗三国志』

  五 『仮名手本忠臣蔵』

  六 児雷也というヒーロー



浮世絵関連年表(西暦1574~1943)

囲碁年表(西暦593~1945)