書籍詳細:ストレングス・トーク 行動の問題をもつ子どもを支え・育てる

ストレングス・トーク 行動の問題をもつ子どもを支え・育てる

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 1,980円(本体価格 1,800円)
在庫あり
発刊年月
2020.03
ISBN
978-4-535-56389-6
判型
A5判
ページ数
160ページ
Cコード
C3011
ジャンル

内容紹介

4つの“隠れた強み”=本人への良い影響、周囲への良い影響、ねがいごと、不器用な対処から、子どもと大人の関係をつなぎ直す。

目次

第1章 【解説編】ストレングス・トークってなんだろう?
  1.なぜ支援は行きづまるのか
  2.医学モデルとストレングスモデル
  3.新しいストレングスの着想
  4.ストレングス・トークってなに?
  5.“隠れた強み”の見つけ方の基本

第2章 【実践編】幼児期――まずは一緒に楽しく遊べるようになろう
  1.幼児期の子どもとその家族との出会い
  2.ありがちな関わりと懸念
  3.幼児期の子どもの“隠れた強み”
  4.ストレングス・トークのコミュニケーションへの応用
      ――遊びスキル
  5.事例:かんしゃくの多いE君(4歳男子)

第3章 【実践編】学童期――安全・楽しみ・快適さを保証する
  1.学童期の子どもとその家族との出会い
  2.ありがちな関わりと懸念
  3.学童期の子どもの“隠れた強み”
  4.ストレングス・トークのコミュニケーションへの応用
      ――デフォルトの自 分を確かめる
  5.事例:登校をしぶるIさん(7歳女子)

第4章 【実践編】思春期――大人の価値判断をいったん脇に置いて
  1.思春期の子どもとその家族との出会い
  2.ありがちな関わりと懸念
  3.思春期の子どもの“隠れた強み”
  4.ストレングス・トークのコミュニケーションへの応用
      ――外在化スキル
  5.事例:万引きを繰り返してしまうL君(13歳男子)

第5章 【実践編】親・支援者――強みを見つけるのが難しいと感じたら
  1.子どもの強みを見つけるのが難しいと感じたら
  2.大人の“隠れた強み”

第6章 【事例編】実際にストレングス・トークを始めてみよう
  1.シングルファーザーのMさんと4歳のN君
  2.初診の日の朝
  3.初診
  4.第2回診察
  5.第3回診察
  6.第4回診察

第7章 “隠れた強み”を見つけるための紙上ワークショップ
  1.アイスブレーキング
  2.グループ対抗「自分の“隠れた強み”発見ワーク」
  3.グループ内ワーク(1) 「隣の人の“隠れた強み”発見ワーク」
  4.グループ内ワーク(2)「仮想ケースを用いた“隠れた強み”
                発見ワーク」
  5.宿題ワーク
    「実例ケースの“隠れた強み”をストレングス・ノートに記録 する」
  6.ケース検討「ストレングス・トークセッション」

関連情報ファイル

ワークシート-a

08241_1.pdf

1 感情・思考・身体の反応を区別するためのワークシート

ワークシート-b

08241_2.pdf

2 感情・思考・身体の反応を弁別するためのワークシート

ワークシート-c

08241_3.pdf

3 思考スキルの「反論ミサイル」を書き込むワークシート