書籍詳細:カシミール物理への招待

カシミール物理への招待 次世代マイクロ・ナノデバイスの実現に向けて

の画像の画像
  • 紙の書籍
  • 電子書籍
定価:税込 4,620円(本体価格 4,200円)
紙の書籍・POD・アーカイブズの価格を表示しています。
電子書籍の価格は各ネット書店でご確認ください。
在庫あり
発刊年月
2020.07
ISBN
978-4-535-78912-8
判型
A5判
ページ数
168ページ
Cコード
C3042
ジャンル

内容紹介

「ゆらぎ」という基本的な自然現象を通して、カシミール効果の物理学的基礎から技術応用までを、簡潔かつ丁寧に解説する。

目次

第1章 ゆらぎと応答
 1.1 ゆらぎと電気伝導
 1.2 ゆらぎと調和振動子
 1.3 脳のゆらぎと超低消費電力コンピュータ

第2章 ゆらぎを通して物理の本質がみえる
 2.1 ジョンソン-ナイキストノイズ
2.2 キャレン-ウェルトンの搖動散逸定理
2.3 電磁場のゆらぎが誘起する現象について

第3章 量子ゆらぎを通して物理現象を理解する
 3.1 物質波の正体とは
 3.2 時間とエネルギーの不確定性関係と量子ゆらぎ
 3.3 零点エネルギーの証拠を探して
 3.4 量子ゆらぎの実体化

第4章 電磁ゆらぎを源とするカシミール効果
 4.1 ファンデルワールス力とカシミール力
 4.2 量子力学的な調和振動子
 4.3 電磁ゆらぎが引き起こすカシミール力
 4.4 ミクロな電流密度のゆらぎと搖動散逸定理

第5章 カシミール効果の発見からリフシッツ理論へ
 5.1 量子現象である電磁ゆらぎのマクロ的記述
 5.2 有限温度のグリーン関数と遅延グリーン関数
 5.3 吸収性物質中の光子の遅延グリーン関数
 5.4 電磁ゆらぎの相関関数

第6章 連続体力学の視点からみたリフシッツ理論
 6.1 古典電磁気学のマクスウェル方程式
 6.2 電磁ゆらぎの確率論的アプローチ
 6.3 非局所連続体力学とは
 6.4 非局所電磁力学のマクスウェル方程式
 6.5 リフシッツ理論の非局所電磁力学的解釈

第7章 カシミール-リフッツ力の数値解法
 7.1 グリーン関数再訪
 7.2 ウイック回転
 7.3 カシミール-リフシッツ力の数値解法の骨子

第8章 カシミール-リフシッツ力の実験と技術応用
 8.1 反発するカシミール-リフシッツ力
 8.2 応用事例
 8.3 今後の技術応用について