書籍詳細:持続可能性とWell-Being

持続可能性とWell-Being 世代を超えた人間・社会・生態系の最適な関係を探る

の画像の画像
  • 紙の書籍
定価:税込 6,160円(本体価格 5,600円)
在庫あり
発刊年月
2022.01
ISBN
978-4-535-55897-7
判型
A5判
ページ数
288ページ
Cコード
C3033
ジャンル
難易度
テキスト:上級

内容紹介

4つの資本概念(自然資本・人工資本・人的資本・社会関係資本)とWell-being(福祉)に着目し、持続可能性の理論と実践を考察。

目次

________________________________

第1編 持続可能な発展及びWell-Being概念の理論的研究
________________________________


第1章 センの潜在能力アプローチと持続可能な発展……諸富 徹

第2章 制度の質と持続可能性指標……佐藤真行

第3章 ミレニアム開発目標から持続可能な開発目標へ
      ……沖 大幹・福田紫瑞紀

________________________________

第2編 法・制度と持続可能な発展――世代内・世代間衡平性の扱い
________________________________


第1章 法・制度と持続可能な発展――世代間衡平を中心として
      ……大塚 直

コラム 衡平と公平――法学の観点から……鶴田 順 

________________________________

第3編 自然資本・人工資本ストックの実証的分析
________________________________


第1章 自然資本の実証分析に関する研究動向……栗山浩一

第2章 気候変動策と生態系サービス……松田裕之

第3章 生態系サービスの評価とその利用……中静 透

第4章 もう1つの生態系サービス評価
    ――法的実存状態の把握から[能動的生態系サービス論]へ
      ……及川敬貴・舛田陽介

第5章 持続可能な開発指標と物質フロー・ストック分析……森口祐一

第6章 Well-Beingからみた人工資本の評価手法の提案
    ――インフラが支える国土・都市・地域のsustainabilityと
    resilience……加藤博和

第7章 主観的幸福度と人工資本・自然資本……功刀祐之・有村俊秀

結びに代えて……大塚 直・諸富 徹